ガールズバーとキャバクラの違いってなに?

ガールズバーとキャバクラを同一のものだと思っている人はかなり多いです。かくいう自分も、ガールズバーに実際行くまではキャバクラと同じような場所だと思っていました。
実際どちらも経験してみて思うのが、そのときの気分によってキャバクラとガールズバーの使い分けをしなければならないということです。キャバクラもガールズバーも同じでしょ!と考えて適当に利用すると、思っていたのと違った・楽しめなかったとガッカリしてしまうかも……。そうならない為にも、キャバクラとガールズバーの違いをしっかり理解して、その時の気分や、自分の好みに合った使い分けをするようにしましょう。

 

接客方法の違い

キャバクラは隣に座ってお酌をしてくれますが、ガールズバーはカウンター越しの接客になります。注文したドリンクを女の子が作ってくれるお店は多いですが、お酌はしてくれません。ガールズバーはあくまで『バー』です。キャバクラはいわゆる『接待』をしてくれますが、ガールズバーの女の子は言うなればバーテン。接待ではなく『接客』のみになります。キャバクラは接客のプロと化した女の子が、お客さんが気分よくお酒を飲めるように『接待』してくれます。ガールズバーは普通のアルバイトの女の子がお酒を作ったり『接客』をします。ここはかなり大きな違いと言えるでしょう。

 

衣装の違い

ガールズバーは学生さんが働いていることを売りにしているお店も多いので、女の子の衣装は私服の所がかなり多いです。対しキャバクラは煌びやかなドレスを着た女の子が接客してくれます。なかなかドレス姿の女性にお目にかかることは少ないと思うので、こういった所からも特別感を感じられるのがキャバクラの魅力です。
ガールズバーはほとんどのお店が私服と書きましたが、コンセプト系のお店になるとバニーやメイドなど、珍しいコスプレの女の子がいる場合もあります。そういったお店なら、キャバクラと同じかそれ以上に特別感や非日常感を感じることができそうです。

 

営業時間の違い

法律の問題で、キャバクラは深夜0時から早朝までの間は営業することを禁止されています。しかしガールズバーはあくまでバーなので、そういった制限がなく夜間から早朝まで営業することができます。

 

システムの違い

キャバクラには同伴やアフター、指名制度などのシステムがあります
が、ガールズバーはない所がほとんどです。そういったシステムがあるキャバクラは、お店に来てもらって自分を指名してもらうために、または同伴やアフターに行ってもらうために営業をかけてきます。そういったシステムがないガールズバーは営業をされることがないので、その点は気楽かもしれません。