ガールズバーとキャバクラの違いってなに?

ガールズバーとキャバクラを同一のものだと思っている人はかなり多いです。かくいう自分も、ガールズバーに実際行くまではキャバクラと同じような場所だと思っていました。
実際どちらも経験してみて思うのが、そのときの気分によってキャバクラとガールズバーの使い分けをしなければならないということです。キャバクラもガールズバーも同じでしょ!と考えて適当に利用すると、思っていたのと違った・楽しめなかったとガッカリしてしまうかも……。そうならない為にも、キャバクラとガールズバーの違いをしっかり理解して、その時の気分や、自分の好みに合った使い分けをするようにしましょう。

 

接客方法の違い

キャバクラは隣に座ってお酌をしてくれますが、ガールズバーはカウンター越しの接客になります。注文したドリンクを女の子が作ってくれるお店は多いですが、お酌はしてくれません。ガールズバーはあくまで『バー』です。キャバクラはいわゆる『接待』をしてくれますが、ガールズバーの女の子は言うなればバーテン。接待ではなく『接客』のみになります。キャバクラは接客のプロと化した女の子が、お客さんが気分よくお酒を飲めるように『接待』してくれます。ガールズバーは普通のアルバイトの女の子がお酒を作ったり『接客』をします。ここはかなり大きな違いと言えるでしょう。

 

衣装の違い

ガールズバーは学生さんが働いていることを売りにしているお店も多いので、女の子の衣装は私服の所がかなり多いです。対しキャバクラは煌びやかなドレスを着た女の子が接客してくれます。なかなかドレス姿の女性にお目にかかることは少ないと思うので、こういった所からも特別感を感じられるのがキャバクラの魅力です。
ガールズバーはほとんどのお店が私服と書きましたが、コンセプト系のお店になるとバニーやメイドなど、珍しいコスプレの女の子がいる場合もあります。そういったお店なら、キャバクラと同じかそれ以上に特別感や非日常感を感じることができそうです。

 

営業時間の違い

法律の問題で、キャバクラは深夜0時から早朝までの間は営業することを禁止されています。しかしガールズバーはあくまでバーなので、そういった制限がなく夜間から早朝まで営業することができます。

 

システムの違い

キャバクラには同伴やアフター、指名制度などのシステムがあります
が、ガールズバーはない所がほとんどです。そういったシステムがあるキャバクラは、お店に来てもらって自分を指名してもらうために、または同伴やアフターに行ってもらうために営業をかけてきます。そういったシステムがないガールズバーは営業をされることがないので、その点は気楽かもしれません。

ガールズバーに女性客が?

以前馴染みのガールズバーに行ったときに、カウンターに女性が座っていたんです。あれ?見ないキャストの子だな、新人さんかな?なんて思っていたのですが、どうやらキャストではなくお客さんだったようでした。今までどこのガールズバーでも女性客を見たことがなかったのでビックリ。実際、ガールズバーに女性客が来るのはよくあることなのか?と疑問に思い、【ガールズバーに客としてくる女性は多いのか】【どうしてガールズバーに来るのか】を調べてみることにしました。

 

ガールズバーにくる女性客は多いの?

よく行くガールズバーの女の子に聞いてみたところ、女性客はたまに来るけどめったにいないとのことでした。そのガールズバーは普通のバーのような雰囲気のお店なので女性でも入りやすいように思います。ということは、普通のガールズバーだと女性客は全然いないんだろうなあと思いました。男性に連れられて来る女性がほとんどで、女性一人とか女性だけのグループで来るお客さんはまずいないみたいです。

 

どうしてガールズバーに来るの?

同性に言いたい愚痴がある彼氏のことだとか、同性に話したい悩みとかを愚痴りにくる女の子もいるみたいですね。同性の友達に相談すればいいじゃん!と思ったのですが、他人且つ同性の人間に相談したいとのこと。確かに、自分の事を知ってる人には話せない・話しづらい悩みもありますもんね。

お店の女の子と知り合いよく行くガールズバーの女の子は、お店がとにかく暇な時とかに女友達にお店きてーって声をかけたことがあるって言ってました。多分、タダか安く飲ませてあげるかだと思います。なんか楽しそうですね(笑) あと、その子の誕生日祝いみたいなのをお店でやってるときに友達が来てくれたりもあったそう。

下見目的働こうか考えているガールズバーにお客さんとして来店して、実際働いている女の子から色々情報を聞き出しに来ているパターンも。体験入店だと、お店の本当の内情を聞きづらいからなんでしょうか……?

男性客に連れられて

男友達であったり、会社の同僚の男性であったりと一緒に来店する女性も多いみたいですね。ガールズバーってどんなところだか純粋な好奇心はあるけど、女だけで入るわけにいかないしね~と言っていた女性客もいたそうです。カップルで来られるとさすがに接客しづらいけど、友達同士とかなら女性客が入って逆に接客が楽になると、よく行くガールズバーの女の子が言ってました。

ガールズバーで女の子に好かれるには

いつもの店に入店したら女の子が「あ!○○さんこんばんは!」ってニコニコ向こうから話しかけてきてくれる……そんな常連客になりたくないですか……?どうせなら、女の子にモテたい!そんなあなたに意識してほしい、ガールズバーでモテる男になる為の条件をいくつかピックアップしてみました。

 

贔屓しすぎない

ガールズバーだと女の子の指名は出来ず、時間内で女の子が入れ替わっていく方式になっています。だいたい、自分に付いてくれた女の子に一杯奢るのがセオリーですよね。贔屓の子には必ず奢って、他の子には奢らないなんて分け方をしている人もたまに見かけますが、あまりお勧めできません。贔屓されてるんだから、女の子の方だって気分いいでしょと思いがちですが、 他の女の子から白い目で見られたりして面倒になり、そのお客さんごと面倒に感じてしまうことも……。

 

紳士であれ

自慢話や説教はもちろん、女の子がウザがる話題ワーストスリーに入ります。では、ワーストワンは?ワーストワンはズバリ『下ネタ』です。ガールズバーで長く働いている女の子なんかは、下ネタを言われても笑って返してくれるような子も。でもそんな女の子も、内心はドン引きしています。女の子の嫌がることは話さない・聞かない、紳士でありましょう。またあまり女の子のプライベートに立ち入った話もNGです。どれだけ仲良くなったとしても、お店では客とキャストの関係でしかないことを忘れないようにしたいです。

 

お土産で印象アップ

旅行先や出張先でその地域名産のお菓子なんかをたまに買っていくとすごく喜ばれます。高いものを貢げという話ではなくて、安くてもお店の女の子やスタッフに平等に行き渡るお土産を買ってくる客は印象に残るし好感度も上がります。次お店に行ったときなんかに「お土産ありがとうございます!○○行ってきたんですか?」なんて女の子との会話のとっかかりになるのも◎。

 

女の子の呑むペースを見る

ドリンクバック付くから嬉しいでしょ!と女の子に次々ドリンクを勧めるのもやめましょう!もちろん、酒に強い女の子ならどんどん飲ませてあげてかまいませんが、あまり飲めない子に勧めすぎないように。一杯目を奢った後、女の子がどのくらいのペースで飲んでいるのかをちゃんと見るようにすると、女の子はちゃんと考えてくれてるんだなぁと好感を抱いてくれるのではないかとと思います。

ガールズバーの女の子が嫌な客

どれだけ仲良くなっても、砕けた口調で話していてもこちらはお客さん、女の子は接客をしている店員さん。たいていの女の子は嫌な事をされたり、言われたりしてもぐっとこらえてニコニコ笑って流してくれています。嫌な事は嫌と態度に表してくれないため、この子はこういうのもオッケーなんだ!と勘違いしてしまう人がかなり多いです。そんな、いわゆる『面倒くさい客』になってしまえば、女の子の態度は冷ややかなものに変わっていき、タブー行動がエスカレートして『迷惑客』になってしまうと、お店から追い出されることも……。

 

ボディタッチしようとする

これが一番女の子に嫌がられる&タブーな行為です。お触りは禁止事項として挙げているお店がほとんどで、そんな禁止事項に違反しているところが見つかれば注意・ひどい場合は退店もあり得ます。胸とかそういう直接的な所じゃなければいいでしょ!と思う方もいるかもしれませんが、女の子の身体に触ればその時点でお触り行為です。手や指はもちろん、髪などに触るのもNGです。

 

身の上話を一方的に話す

自分の自慢話や苦労話ばかり喋って、どれだけ自分が偉い人間かを語るのもやめましょう。女の子は上手におだてて気持ち良く話せるようにしてくれますが、内心「またかよ……」と思っています。もちろん、嘘でもいいからおだてて欲しい!という気持ちから身の上話をしているのならそれはそれでいいと思います。ただ、女の子にうんざりされていることは分かっておいた方が良いです。

 

店の外で会いたがる

基本、ガールズバーはキャバクラのようにアフターや同伴がありません。同伴などのシステムがあるお店もあるので一概には言えませんが、ほとんどのガールズバーはそういったシステムがないといっていいでしょう。なので、同伴・アフターのないお店の女の子に店外で合うことを求めるのはただのナンパでしかありません。女の子にメリットは何もないので、断られるのが当たり前です。

 

連絡先を聞きたがる

キャバクラだと女の子は営業をかけるためにお客さんと連絡先を交換しますが、ガールズバーはその必要がないため連絡先を聞いてくる女の子はいません。下心目的で女の子に連絡先を聞いてくるお客にはまず連絡先を教えることはないのでしつこくするのは止めましょう。出勤日を教えてもらうために連絡先を交換した、というパターンはよくあります。その場合も、必要以上に連絡しないようにしましょう。出勤日のこと以外は女の子からの連絡を待つのがベターです。