ガールズバーにハマった話

最近ガールズバーにハマり始めた

そこまで通い詰めていたわけではありませんが、キャバとかにもまあまあ行きました。でもどこのキャバも同伴の誘いとかがすごくてめんどくさくなって。キャバって良い意味でも悪い意味でも『接待』って感じの接客なんですよね。
気分良くはさせてもらえるんですけど、そのあと同伴のメールとか来るとまあ商売だもんな……って感じちゃうじゃないですか。当たり前なんですけど(笑)
んで同僚に連れて行ってもらって初体験したのがガールズバーでした。女の子のいる店行こうよって同僚に言われて、俺が「もうキャバはしばらくいいよ~」って渋ってたら、じゃあガールズバー行こうぜってことに……。いやいや、キャバもガールズバーも大差ないっしょ!と思ったのですがそのまま付いていくことに……。そんなこんなで入店したのが、東京恵比寿のガールズバー

 

ガールズバー初体験

入ってみると、一見普通のバーなんですよね。カウンターを囲むように座席があって中に女の子がいて、カウンターに座ってる客とおしゃべりしてます。女の子はみんな私服。一応決まりがあるのか皆白のニット着てました。で、カウンターに通されると女の子が注文取ってくれて、お酒を作ってきてくれます。で、その子にも、好きなの頼みなよーって言ってみんなで乾杯。ホントに普通のバーみたいな感じですね。

「普通の女の子」がかわいいキャバの女の子って、バサバサのつけまでメイクはバッチリ、爪はキラキラ、綺麗なドレスって感じで、そりゃもうキメキメじゃあないですか……。そんな女の子がお酌とかしてくれることなんかないわけで、やっぱテンションは上がるんですよね。でもその点、ガールズバーの女の子っていい意味でフツーの女の子なんです。通ってる大学の話とかもしてくれて、なんか身近すぎて逆に良いみたいな。好みの問題もあると思いますが(笑)

気楽に飲めるここもハマるポイントですね。普通の女の子とバーでお喋りしてる間隔だから、とにかく気楽。キャバって場の空気とかに合わせて正直少し気取っちゃうというか、見栄を張っちゃうというか……(笑) ガールズバーは会話とかも雑談って感じで、肩肘張らずに楽しめる気楽さが、キャバ疲れしていた自分にぴったりだったんだと思います。

とにかく安い同僚に連れて行ってもらったガールズバーの会計は、なんと二人で一万円を超えていませんでした。キャバだと、色々お金使って一回一万以上はいっちゃいます。ガールズバーなら大体どこも3000~6000円くらい。とにかく安く飲めるんですよね……。ドリンクバックが付くとは言え、どんどんドリンクを注文してくる女の子はあんまりいないので、女の子のドリンク代がかさんでしまうこともナシ。税・サービス料込みで利用料金を明記している、明瞭会計のお店も多いですね。

 

安く・楽しく女の子と呑むならガールズバー

そんなこんなで、自分はまんまとガールズバーにハマり一人で行くまでになってしまいました(笑) 自分は週末や休日、一週間に1回行くか行かないかのペースで、お気に入りのお店に通っています。ガールズバーに行くようになって気付いたのが、自分はキャバには不向きな人間だったんだなということです(笑) 接待してもらうより、女の子と普通の日常会話とかを適当にしながらお酒を飲むのがすごく自分には合ってるなぁという感じです。
『そんなに資金はないし、キャバクラだとなんか気負っちゃって居心地が悪い……でも、かわいい女の子とおしゃべりしながらお酒飲みたい!!!』なんて自分と同じように感じている方がいたら是非、ガールズバーに行ってみてはいかがでしょうか。